薬膳がゆ ・・・ 各600円 (トッピング3種類付)

 季節の野菜に漢方素材をプラスしたおかゆと、トッピングが3種類つきます。おかゆには塩味をつけていませんがトッピングを混ぜ合わせることにより、おいしくいただけます。

 

 おかゆは体をあたためて、相当量の水分を補い、食物の循環、新陳代謝によい影響を与えます。水と火の力でゆっくり炊かれたおかゆを食べると、穀物のとろみと香り、ほのかな甘味が味わえ、ゆったりとした心持ちになります。主食であると同時に、水分を補給する役も果たし、体重の調整にも役立ちます。

 

 お米と雑穀のおかゆに、豆やナツメ、枸杞など体によいもの、薬になるものを入れることによって、積極的な健康食になるのです。

 

 春の薬膳がゆ

 

■ クコ入り山菜のおかゆ

山菜にはミネラル分が多く、新陳代謝が衰えていた冬の体をリフレッシュしてくれます。クコと松の実は滋養強壮、老化防止の妙薬として知られています。山菜の緑と、クコの赤がきれいなおかゆです。

 

 夏の薬膳がゆ

 

■ はと麦と小豆入りかぼちゃがゆ

ビタミンA、C、Eが豊富なかぼちゃは美容に最適です。はと麦と小豆は利尿作用があり、むくみをとって、老廃物の排出に役立ちます。はと麦は肌にも良い美容食です。

 

 秋の薬膳がゆ

 

■ ナツメ入りさつま芋がゆ

さつま芋は熱にも壊れにくいビタミンCが豊富で、風邪の予防に効果的。食物繊維が多く、便秘を解消します。ナツメは胃腸のはたらきをよくし、鎮静作用もあり、薬膳でよく使われます 。

 

 冬の薬膳がゆ


■ くるみと黒豆入りのおかゆ
くるみは西太后にも愛された美容食。脂肪やタンパク質が多く、ミネラルも豊富で栄養価の高い食品です。
黒豆は、大豆のそのものの栄養価に加えて、黒さの成分アントシアニンが視力向上や美肌作りに効果的です。

 

※(写真と内容が異なる場合がございます。ご了承下さい。)