1月7日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日を5節句といい、神様にお供えをして食べる行事食がおせちの始まりです。五穀豊穣を願い、家族の安全と健康、子孫繁栄の祈りを込めて、海の幸、山の幸を豊かに盛り込んだものです。五法・五味・五色をバラ ンスよく取り入れて作るのがよいとされています。

田作り

 

田作り

 

田作りの肥料として片口いわしが使われ、五穀豊穣を願い、「五万米」「ごまめ」とも呼びます。

数の子

 

数の子

 

数の子はにしん(二親=両親)の卵ということから、子孫繁栄を願います。

黒豆

 

黒豆

 

黒には、魔よけの力があるとされ、まめ(勤勉)に働き、まめ(健康)に暮らせることを願います。

たたきごぼう

 

たたきごぼう

 

関西では、別名「開きごぼう」ともいいます。豊作と開運の意味があります。

紅白かまぼこ

 

紅白かまぼこ

 

日の出切り。赤は邪気を払い、白は清らかな心を表し、新しい門出を祝います。

伊達巻

 

伊達巻

 

巻き物(書物)の形に似ていることから、文化発展を願います。「伊達」とは派手さを表します。

栗金時

 

栗金時

 

黄金に輝く財宝にたとえて、豊かな一年であるようにと願いが込められています。

昆布巻き

 

昆布巻き

 

「よろこぶ」の言葉にかけた縁起物。巻姿を書物に見立て文化発展を願います。

くわい

 

くわい

 

上部に、大きな芽が出ることから「めでたい」「芽が出る」出世を祈願して。

ゆりね

 

ゆりね

 

百合の球根の鱗片が多く重なっていることから、子孫繁栄の縁起物といわれます。

八つ頭

 

八つ頭

 

里芋は、子宝を願って。末広がりの「八」と人の頭(かしら)に立つという意味合いもある。

れんこん

 

れんこん

 

9~10の穴が空いていることから、見通しが利くように先見性のある一年を祈願します。

 

年越しそば そばは細く長くのびることから寿命をのばし、家運を伸ばしたいという願

       いがこめられています。

 

お 屠 蘇 邪気を払い、長寿を願って正月に飲む薬酒。屠蘇散(内容:肉桂、大黄、

       白朮、山椒、桔梗、乾姜 等)

 

お 雑 煮 具や味付け、餅の形、また焼いた餅を入れるか、一緒に煮るかなど、地域

       によって特徴があります。